電子タバコ通販ショップを比較!総合ランキング

未成年者喫煙禁止法に対しての電子タバコ業界

成年者喫煙禁止法に対しての電子タバコ業界

明治33年に施行された未成年者喫煙禁止法は、満20歳未満の人の喫煙を禁止する事を目的とした法律です。煙草による健康被害から未成年を守るためであり、監督責任がある親権者や煙草を販売する側に対しても罰金を処するという内容となっています。

煙草の代替品として注目を集めている電子タバコは、未成年者喫煙禁止法の対象ではありません。これは、国内で生産されている電子煙草には、依存症の原因であるニコチンを含んだ商品は販売されていないという事が理由です。電子煙草自体に、どのような健康被害があるのかについての研究は十分ではないので、今のところは未成年者も購入する事は可能です。

電子タバコは、元々は海外で考案された商品であり、国内で生産されるようになったのはごく最近の事です。業界と呼べるほどの規模の大きな段階にまで発展してはいません。この法律に対しても店舗ごとの対応であり、未成年者に対しての販売を行わないというケースも見られています。